CTWさんと絡んだときの話

LINEで送る
Pocket

今回は本当なら訴状の書き方をお話をするんですが、 得buy絡みで検索していらっしゃってる方もいらっしゃいますので、CTWさん絡みの今までの経緯を簡単にまとめてみます。
いないとは思いますが訴状を書く準備して構えていた方、ごめんなさい。

以前からご注目してくださってる方にとっては、裁判の行方の方が気になると思いますが、今のところ動きはありません。今のところっていうか、まだ、ですね。
ことあるごとに何ヶ月も待たせる裁判所は正直どうかと思いますが、最近ではちょっと慣れてきてしまっています。夏季休廷って言うんですか? 裁判する人達にも夏休みはあるようですしね。
進展あった場合は、ドカ負けしない限りは、何かしらお伝えしますのでそれをお待ちください。



CTWさんが盛り上がってるみたいですね

さて、今回、巷で話題になってる得BuyというアプリでCTWさんの名前が出ているようで、その絡みでたどり着かれる方が多いようです。
その件につきましてはあまり話すとこんなことを言われますし


他に詳しく解説されてる方がたくさんいますので割愛します。

その渦中のCTWさんとの関係

まず最初にCTWさんを知ったのは、2月時点でのKOFの運営であるOURPALM株式会社 に対して、訴状が届かないと言う事態が発生した時のことです。

アークヒルズの住所に宛てた内容証明が届いたのに、同住所に送った訴状が届かない、という事態が起こりました。そのときに諸々の内容を聞き取った結果、「OURPALM株式会社は他の会社が借りているフロアを間借りしているんじゃないか」という推測に至りました。

こんばんは。Tomasです。 もう名前出しちゃう。バレバレだけどね。 もう腹が立つ内容が判明したので、もう言っちゃう。画像も解禁。引...

その時にアークヒルズにフロアを持っているゲーム関連会社ということで、チェックはしていました。その時に一度電話をして「OURPALM株式会社はそちらですか?」と、問い合わせをしたのですが、「わかりかねます」という返事をいただきました。

一度はそこで関係ないのかなと諦めていたのですが、 後日KOFのホームページのドメイン情報を見てみると、CTWの社長の名前があったのです。
同姓同名の可能性もありますが、同じアークヒルズで、ともにゲーム関連の事業を行っている、海外ゲームのローカライズ、という共通点から無関係ではないだろうと推測しました。

あのメール騒動

同時期に、CTWのゲームをプレイしているフォロワーの方からそのゲーム内容について色々伺った経緯も含めて、改めてCTWさんにメールを送りました。
その時はTomasと言う名前ではなく自分の名字でね。当然なのでしょうが返事は来ませんでした。
その内容は、また変なメール届くと嫌なので、割愛しますが。・・・逆に言うとこの記事で変なメールが届いたら公開しますw

そうこうしてるうちに訴状が届いて、第1回の審理があり、こちらも弁護士先生にお願いしようかと考えていた矢先です。送ったメールに対して返信が来ました。

僕の名字ではなく、Tomasという名前に対して返信しています。これ、書き換えているわけではなく本当に原文ままなんですよ。
これも不自然なんですよね、メールの内容だけではTomasという名前は分からないはずですし。ブログを読んで知っていたにしても、わざわざ書き換える意味がありません。
このブログからこのメールアドレスがわかるわけもないんですね。なので返信しているのは間違いないと思うのですが、なぜハンドルネームに書き換えたのか。
お前の情報は「今のところは」何も知らないんだぞアピールだと思えてなりません。

ちなみにこのメールアドレスはOURPALMとのやり取りにも使っていて、そこも当然自分の名字でやり取りを行っています。

このメールの内容に関してですが、素人なんでちょっとビビりましたが、 こちらの対応も現在弁護士先生にお任せしておりますので、僕個人にはこれ以降連絡が来ておりません。
こういった内容のメールを送るのは、あれだからこれした方がいいって言う話も聞いておりますが、今のところはこれ以上のことはないので、それはまた別の話ということで。

以上がCTWさんとの僕のやり取りでした。

終わりに

そんな話がありましたから、当然得buyはダウンロードしていませんし、界隈の騒動を眺めるだけに止まっております。
100円でswitchが手に入るなら、それはそれで羨ましい話ではあるんですがねw

CTWさんのお話はこちらにも。

SNK社の人気タイトルを使ったスマホ版「KOF '98」で、ガチャ確率表記通りにキャラが排出されない問題が勃発してユーザーが運営会社を提訴しましたが、実態に問題があることが分かりました。

ということで次回こそ、訴状の書き方をお伝えしたいと思います。
どこに需要あるんだって話もあるんですが、進展ないとそう言った話でもしてないと間がもたない部分もありますし、元々需要ガン無視の趣味ブログですんでw

ではではまた次回お待ちください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 絶倫 より:

    更新お疲れ様です。KOFの運営も商売人だから売り上げをのばす努力は仕方ないとおもいますが斜め上のやり方ですね(笑)